おまとめローンと借り換えキャッシングって何が違うの?

更新日:

借金を一本化するのにおまとめローンっていう言葉を聞くことは
よくありますが、借り換えキャッシングというのも存在しています。

意外とこれが混同している人が多いので、
このページではそれがどう違うのか??

ということを明確に理解してもらうためのページです。

 

     

    おまとめローンってそもそも何?

    おまとめローンというのは、現時点で複数社から借り入れしている時に、返済がキツイor複数社に返済を毎月は面倒と考えている人が、下のような理由で利用するローンです。


    • 今よりも低金利で返済していきたい
    • 複数の業者へ毎月別々に返済を一本化したい
    • もう借金したくない

    ※このもう借金をしたくないというところがちょっとした盲点で、詳しい説明は後述します。


    基本的に返済オンリーとなり、今までのキャッシングしては返済してはキャッシングという事でなく、返済したらしっぱなしの返済オンリーのローンと考えるとわかりやすいと思います。

     

    じゃあ借り換えキャッシングって何?

    そこでよく困惑されているのが、借り換えキャッシングです。

     

    どういうことかというと、同じ一本化でも借り換えると意味で、借り換えキャッシングというものがあります。


    これはどういうことかというと、さきほどもう借金したくないという人がおまとめローンを利用すると言いましたが、借り換えキャッシングは一本化する分ほど、借り入れ枠を作ってもらうコトを意味します。


    A社50万、B社30万、C社20万の場合この合計100万円の借入があるとして、これらA〜C社の借金をD社の借入で一気に返済をするというイメージです。

     

    D社に100万円ほど借り入れをして、A、B、C社に返済して、D社から100万円を借りているという状況になるのですが、これは返済オンリーでなく100万円という枠で返済し、20万円返済したら20万円ほどまた借り入れが可能になる通常のキャッシングと同じ理屈になります。


    じゃあ、おまとめローンと借り換えキャッシングどっちがメリットが大きいの?

    利便性を言ってしまえば、借り換えの方がメリットが大きいとゼニエモンは考えています。

     

    なぜかというと、おまとめでローンで返済オンリーにした時に、いざという時の守るお金がなくなるからです。


    すでに底をついている資金をまたどう捻出するかというと、おまとめローンをしたからといって、急な資金が必要なケースもあります。


    • 突然の退職や、リストラ、倒産
    • 病気やケガ
    • 親の介護
    • 天災

    そういった時に、動かせるお金がない状態というのは、不便です。


    こういった場合に、多くの人はどうするかというと、おまとめローンで完済したからといって、実は他からのキャッシングの契約が切れたというわけではないので、借り入れをしてしまうんです。
    ※解約や解約を業者側にされた場合は別


    頭では「借りてもう借金地獄は嫌だ、、、」と頭の顕在意識で考えても、「でも遊びたい、、あれ欲しい、、なら買っちゃえよ!借りればいいじゃん!!」と思っている時点で潜在的に負けてしまっていますよね。


    ゼニエモン自身がまさにそうで、せっかく完済した他社からまた借り入れをしてしまいました。

     

    これがおまとめローンの場合だと追加融資をすることは想定されていないので、追加での借入ができないこととなります。


    そのため、借金は返したい、でも万が一の時のために、融資を利用できる環境は欲しいという方は借り換えキャッシングの方がいいと考えています。

     

    おまとめローンと借り換えキャッシングは、基本的に、複数業者の借り入れを完済後に完済証明書の提出が必要です。

     

    先にお金は借りて、自分で1社、1社完済していくイメージです。


    完済証明書は業者側にいえばもらえるところもありますが、基本的にパソコンから借り入れ金額0の表示と、自分の名前が記載されているのを画面のスクリーンショットで画像化して提出しても基本大丈夫です。


    この提出を迅速に行うことで、借り換えした業者から増枠してもらえるケースが多いです。


    ゼニエモンはナニワ金融道のファンなのでそれっぽく説明すると『あんちゃん、これで完済できるな!せやけど手持ちのゼニって必要やおまへんか??』
    『もう30万ほどもっとった方がええでっしゃろ?』


    というのをイメージしてものすごく丁寧にそれが行われるとイメージするとわかりやすいと思います(笑)。

     

    なので、借り換えは、間違いなく現状の借り入れしている条件よりも好条件になります。


    どんなものがおまとめや借り換えの対象となるの?

    借り換え対象となるのは、基本的に、消費者金融、銀行のフリーローンのみが対象となります。


    ほかで、例えば住宅ローンや、マイカーローン、教育ローンなどは対象になりません。

     

    消費者金融や銀行カードローンだけが対象と念頭に入れておいてください。


    借り換えはどこで出来るの?

    借り換えは基本的に、消費者金融でも銀行カードローンでもどちらでも可能です。

     

    そこで、ピンとくる人は勘のいい人もいるかと思いますが、


    消費者金融で借り換えする場合は、総量規制の対象になるんじゃないのか?と思う人もいると思います。


    ただ、借り換えやおまとめローンに関しては、総量規制の対象外となる理由があります。

     

    1)債務をすでに負担している個人顧客が当該債務を弁済するにために必要な資金の貸付に関わる契約(借り換え契約)であって、当該個人顧客にとって一方的に有利になるもの

    貸金業法の施行規則10条 23第1項より

     

    つまり、金利が下がるおまとめローンや、支払いを一本化することで月々の負担を減らすことができる借り換えは総量規制の対象外となります。

     

    一時的な総量規制を超えるコトは可能となっているので、借り換えは消費者金融でも行うコトができます。


    ただし消費者金融の場合は、あくまで一時的に超えるコトが可能なだけで、本来、借り入れ余剰枠が50万円とした場合、これが縮小もしくは借り入れができなくなる可能性があります。


    どうしてかというと、消費者金融は、貸金業法により、契約者の借り入れの状況を、3ヶ月以内毎にチェックする必要があるからです。
    (貸金業法13条の3 2項、施行規則10条の25第1項)


    基本的に、借り入れしている金額は指定信用情報機関により業者同士の情報が共有されているので、『あ、この人、○○社から○○万円借り入れしている、、これって借りすぎでは、、』と判断し、貸付を一時停止して、収集証明書の提出を求められるコトもあります。

     

    その際に借入可能額の縮小や、借入を停止されてしまうのです。


    業者によっては連絡なしに借入が停止になるということもあるので注意が必要です。


    消費者金融に借り換えをするときは細心の注意を!

    消費者金融から借り換えする場合は、プロミス、アコム、などの大手にだけにしたほうがいいです。


    日本貸金業協会のホームページには、次のように書かれています。

     

    多重債務に悩む人が、低金利等の好条件が書かれたダイレクトメールを見ると、この業者で一本化できれば返済は楽になるなどと思い、申込みをしてしまいます。厳しい取立てにあっていたり、どこの業者からも借りることができなくなった状態ならなおさらです。しかし、冒頭でも書きましたが、そんなおいしい話はありません。 ここでは悪質業者の被害にあった事例を2つ掲載しますので「自分も同じだ」と思う方がいらっしゃればすぐ警察へ連絡してください。

    ※日本貸金業協会HPより
    該当URL:http://www.j-fsa.or.jp/personal/damage/example.php

     

    ちょっと古い情報になるのですが、こういった超がつくほど低金利で一本化できる消費者金融はないと考えるべきです。


    多分貸せそうだけど、東京本社に一度本審査で来て!って誘導する業者もいますが、交通費をかけてわざわざ行って借りれず、債務整理を勧められたという例もあります。


    なので、大手消費者金融もしくはおまとめ専門の大手業者以外から借り換えやおまとめローンをする意味は、はっきり言ってないとゼニエモンは考えています。


    もし低金利のおまとめローンを探しているという方は下のページを参考に自分に合っているおまとめローンを探してみてください。

     

     


    ゼニエモンTOP 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ