闇金に取立てをされた場合の解決方法

更新日:

このページでは、闇金から借り入れをしたい!!と考えている人や、今実際に取立てを受けているという人に対して、どうしたらいいのかを解説しているページです。
今この急場をどうしてもしのぎたい!!と思って今すぐ借り入れを考えている人は、金銭感覚もそうですが、脳が完全にマヒした状態になっているので、一度、こちらの記事を読んで冷静になって自分にとって最善の策を取ってもらえると嬉しいです。

    闇金からの取り立てで困り果てている場合にするべき対応

    既に闇金を利用しており、返済が滞ってしまっているなどで取り立てが激しくなり困り果てている、精神的に疲れているという方はまず一人で解決するという考えを捨てましょう


    闇金に対して一人で対応するのはほぼ不可能なので外部の力を素直に借りることが大切です。


    ただ、その際にどこにでも相談したら良いのかというわけではありませんので、然るべき組織のところに連絡をしてください。


    弁護士事務所・司法書士事務所

    取り立てをすぐに止めたいということであればまずは弁護士事務所や司法書士事務所に相談をすることをおすすめします。


    闇金ではなく通常のカードローンであっても債務整理などで弁護士や司法書士が間に入ると、債権者は債務者への直接の取り立てができなくなります。


    つまり、完全に盾になってくれるということです。


    これは法律事務所と正式に契約を結んで相手方に「◯◯は弊事務所と正式に契約を結んだので、今後の連絡は弊事務所にお願いします」という旨の連絡をした時点で成立しますのでかなり即効性も高いです。


    法律事務所によっては闇金専門で多数の案件を解決しているところもあるので、そのような事務所にお願いすることによって闇金業者はスッと手を引くことが考えられます。


    行政書士では駄目なの?

    行政書士・司法書士・弁護士はそれぞれ法律家という括りになりますが、それぞれ対応できる範囲が違います。

    行政書士は債務整理などの領域に関して権限がないので、もし闇金で困って行政書士のところに駆け込んだとしても対応できることはありません。

    親切な行政書士でしたら知り合いの司法書士や弁護士を紹介してくれるかもしれませんが、それも手間なので最初から司法書士か弁護士に依頼をしに行った方がいいですね。

    法テラス

    いきなり司法書士や弁護士に依頼をすると言ってもどこに依頼をすれば良いのかわからないという場合は法テラス経由で紹介をしてもらうのをおすすめします。


    法テラスでも相談は聞いてくれるのでそこから自分にあった法律事務所を探してくれるはずです。


    また、法テラスに依頼をするメリットとしては他にも費用の立て替え制度があげられます。


    弁護士費用等はそこそこかかりますので、いきなりポンっと金額を出せないという方も多くいると思います。


    そのような方達に対して法テラスでは費用の立て替えをしてくれます。


    最終的には費用を当然払うことになるのですが、まず目の前の問題をすぐに解決したいという時には非常に助かる制度です。


    警察

    闇金はそもそも違法の状態で貸付をしてる団体ですし、警察も闇金の撲滅には近年力を入れています。


    「◯◯という闇金で借りてしてまい、取り立てが厳しくて困っている」という連絡を入れることで調査をしてくれる可能性はありますが、もし動いてくれたとしても相談してすぐに取り立てが止まるということは考えにくいです。


    基本的に警察は民事不介入という考えのもと動くので、警察としても事件が実際に起きない限り動くことができないというジレンマに悩まされています。


    「闇金絡みの相談があった」という履歴は残してくれますが、相談をしてすぐに動くことは考えにくく、相談をしたことで恨みを買ってしまい取り立てがエスカレートするという可能性もあるので、正直あまりおすすめはできないです。


    家族や友人に相談をしてお金を借りて凌ぐのはあり?

    闇金を利用したという認識があると罪悪感も多少ありますので、法律事務所や警察に相談することに抵抗が生まれるかもしれません。


    その場合、とりあえず闇金が求めている条件を飲んで一旦取り立てが収まってくれればと考えてしまうかもしれませんが、これは大きな間違いです。


    闇金が取り立てを止めるということはないですし、この時に家族や友人を巻き込んでしまうことで更に状況が悪化する可能性もあります。


    当然、ただ相談をして今の状況について誰かに吐き出したいということならありですが、お金を借りて闇金の返済に充てるのはしてはいけません。



    闇金から借り入れをするケースってどんな場合?

    闇金は使わないにこしたことはないです。


    誰しもお金を借りる時に闇金が第一候補になることはないでしょう。


    ただ、気がついたら闇金を借りていた、闇金しか借りるところがなかったというケースは多くありますので紹介させていただきます。


    もしも自分がこれから紹介するパターン当てはまっていたら気をつけてください。


    その場をしのげたら体勢を立て直せると考えている

    多くの人がこのパターンだと思います。


    その場でその金額を凌ぐことができれば、自己破産などをせずに済んだり後でまとまったお金が入ってくるから大丈夫と考えてしまいます。


    これは実際にゼニエモン自身がそういう考えを持った事があるのでよく気持ちはわかるのですが、この状態は自分では冷静なつもりでも傍から見れば理解できない状態です。


    なぜかというと闇金は本来違法な業者ですし法外な利息を取られるからです。


    でも、貸してくれるのがこの業者しかいないから!といっても、闇金から借りるくらいお金に困っている状態でそのお金の返済はとてもじゃないけど払えるわけがありません。


    例えば利息が10日で3割のトサンで3万円借り入れをしたとします。


    すると、借り入れして10日で、9000円ほど利息が発生します。


    1か月借り入れしたら27000円の利息を払う必要が出てきます。


    つい先日3万円で困っていて、そのお金を払うのに借りたのに、1か月も立たずにほぼ同額の元金とは全く関係なしに利息だけで支払うのは無理があります。


    それで返済が遅れてずっと自分の携帯電話や自宅の電話、それだけではなく職場の電話や親族の電話などにいつかかってくるのかわからない状況にもなります、金銭面のプレッシャーや脅迫や嫌がらせに怯えることもさらに加わってくるので精神的にやんでしまうので本当に害でしかないです。


    なので、闇金がお金を貸してくれたことに対して恩を感じる事は一切ありません。


    金で冷静に思考が回らないあなたでなく最初から冷静で世間体を気にする親族に返済してもらうつもりだからです。


    ゼニエモン自身も闇金から借入を体験してみましたが、個人的な話ならいいのにいきなり実家に電話してきたので、とりあえず家族に迷惑かけるわけにはいかないという気持ちになりました。


    自分だけではなく、親族、友人、会社にも迷惑がかかるから最初から絶対に関わるのはやめたほうがいいと思います!


    闇金から借りた金はびた一文返す必要はない!


    基本的に闇金とは関わるべきではないと説明しましたが、もし借り入れしてしまった場合でも法的には返済する義務は一切ありません。


    元金すらもです。


    ですが、電話攻撃が本当にで、たかが数万円で精神的苦痛の恐怖を感じるのは正直割に合わないので、最初から返す気なしで借り入れはやめておきましょう。


    すでに闇金から借り入れしてしまった場合は、、

    とりあえず、絶対に、自分で解決しようとするのだけはやめておいたほうが無難です!まず、闇金相手では話にならないからです。


    それに、闇金から借りる時点で闇金と戦う体力が自体すでに残っていない状態なのに、他の金策にも時間を割かなくてはならなくなるからです。


    とりあえず、闇金の問題はプロに依頼するのが一番です。


    プロというのは、闇金からの借金問題を解決する専門家の弁護士や司法書士の人をいうのですが、代わりに闇金と交渉してくれてそこからは一切やり取りする必要がありません。


    繰り返しになりますが、闇金相手に一人で解決をしようとするのは無理なので、必ず専門家への相談をするようにしましょう。


    ゼニエモンTOP 貸金業法について 利用者の実態調査 お問い合わせ