キャッシングやクレジットカードなどの借金を堂々と踏み倒しをする方法を紹介します。決して真似しないでください

更新日:

あまり堂々と言えないのですが、このページではキャッシングやクレジットカードで借金したお金を、そのまま踏み倒す事は出来るのか?

また、踏み倒したらその後、どうなるのか?ということを解説します。

ただ、やはりあまり褒められる事ではないのは間違はありませんので、悪用しないようにして下さい!

    踏み倒しをした場合のメリットやデメリット

    踏み倒しのメリット

    ・借りたお金を返さないでいい


    踏み倒しのデメリット

    ・ブラックリストに記載される

    ・時効後は、時効の援用を行わないと、一生借入が出来ない

    ・催促状などが届き続けるので、後ろめたい気持ちと精神的な圧迫が続く

    ・借入が巨額の場合は裁判になる


    このようにメリットとデメリットを挙げると、圧倒的にデメリットの方が多いです。


    また、自己破産をすれば約10年程度で信用情報はまっさらになりますが、踏み倒しの場合時効になるまで待つ必要があります。


    さらにその後「時効の援用」を利用しない限りは、信用情報が回復することはありません。


    時効の援用とは、消滅時効制度を利用することをを相手(借入先)に口頭や文書で伝えることで、時効を成立させることを指します。


    例えば、最後の支払いから10年以上経っていて既に時効となった場合でも、債務者が時効の援用を利用しなければ時効は成立しません。


    時効の成立については以下のページで詳しく説明しているので、気になる人はぜひチェックしてください。

    踏み倒す際の注意点

    踏み倒しまでの手順は至ってシンプルです。

    返済をやめてしまうだけです。


    ただし、返済をやめる前後でやっておいた方が良いことがいくつかあるので、以下で紹介します。



    返済をやめる前に、お金を借りておく

    返済をやめてしまって1ヶ月程度経過すると、借入が出来なくなる可能性が高いので、返済をやめる前のタイミングで借入をしておきましょう。


    ただし、50万円以上借入をすると業者から差し押さえ請求をされる可能性が高くなります。


    差し押さえ請求をされると、時効の成立に必要な5年のカウントが中断されてしまいます。


    そうなると時効の成立が難しくなってしまうので、借入は50万円未満にしておくのがおすすめです。


    口座振替で返済している場合、返済方法を変更する

    返済を口座振替で引き落としをしている場合は停止し、振込での返済もしくはATMで返済に設定しておきましょう。


    口座振替は返済日になると自動的に引き落とされるので、気付かないうちに返済してしまう可能性もあります。


    銀行カードローンの場合は、その銀行の預金を全て出金する

    現在銀行系カードローンを利用していて、その銀行をメインバンクとして利用している場合は、一旦口座のお金を全額引き出して、違う銀行口座へと資金を移しましょう。


    どうしてかというと、もし踏み倒した銀行口座に預金があった場合、借入金額と預金が相殺されるからです。


    それでも借入金額が残った場合に限って残額を保証会社が返済する形になるので、先に銀行口座から全額抜いておくのを忘れないようにしましょう。


    ちなみに、消費者金融系など他のローンの場合、代位弁済といって保証会社が代わりに返済を行います。


    加えて、その銀行口座を給与の振込先に設定している場合は、あらかじめ他の口座へ変更しておくのがおすすめです。


    ただし、代位弁済が行われた後は保証会社とのやり取りになるので、再度入金しても問題ありません。


    勤め先を辞めたことを伝える

    返済がストップして、普段連絡を取っている携帯電話などで連絡が取れなくなると、業者は会社に電話をするようになります。


    通常キャッシング業者は、返済の催促などの例外を除き、第三者への連絡はできないようになっています。


    本人に連絡が取れない場合は、この例外に該当するので、会社などへの連絡が可能になります。


    なので、踏み倒すのを前提に借入したときは、勤め先を自営業に変更したと伝え、自身の携帯電話の番号が、自営業の事業用と兼用と言えばOKです。


    ここで、収入源が変更となるので再度審査が行われ、ほぼ確実に現状の借入枠よりも小さくなります。


    借入限界まで借りていた場合は、貸付が停止となり、今後は返済オンリーとなります。


    連絡先に固定電話などを登録している場合は、携帯電話のみに変更する

    実家などの固定電話を登録している場合、連絡先を自身の携帯電話のみとし、現在登録している固定電話は解約した旨を伝えましょう。


    上記の用意が整ったら

    上記の準備が整うと、現在ある程度の金額を借入しており、連絡先が自身の登録住所に加えて携帯電話のみとなります。


    ここまでの準備が整った段階で、返済の停止をしましょう。

    返済をやめてからしてはいけないこと



    返済をやめてから、以下のことは絶対にしてはいけません。

    • 返済の意思をみせる
    • 1円でも返済をする
    • 配達記録付きの内容証明は居留守を使い、受領しない

    以上のことをしてしまうと、通常5年で成立する時効が中断される可能性があります。


    時効が中断されると、中断した時点から5年をカウントし直す必要があるので、時効成立が遠のいてしまいます。


    特に注意したいのが、配達記録付きの内容証明を決して受領しないようにすることです。


    内容証明が相手に返送された場合や、中身を見ていない場合のどちらでも受領としてカウントされるため、内容証明が届いた場合は本人ではない旨を伝えて再度配達をお願いし、再配達依頼をかけずにいてください。


    再度配達された場合は、居留守などを使って本人に到達していないことを証明する必要があります。


    かなり難しいのですが、本人はあくまでも請求されていないという立場を貫かなければいけません。


    これに関しては、民法97条1項に記載されているので、気になる人は見てみてください。

    返済をやめてからの流れ


    返済をやめてから、1週間程度

    最初の段階として、自分の電話番号へ午前8時から夜の9時までの間に何度も電話が掛かってきますが、この電話は無視しましょう。


    最終的には時効が成立しなければ、いつまで経ってもこの負債は消えないままなので、いつかは電話に出る必要があります。


    ただし上記で説明していますが、返済の意思を見せることはしてはいけません。とにかく簡単言うと、負債に関しての話は一切しないようにしてください。


    会話を録音されていて、うっかり言った発言が返済の意思の証拠になる場合もある為、ここは一切の無視を貫く必要があります。


    ちなみに、電話が煩わしいので新たに携帯電話を持ちたい場合、自分以外の名義にしないと情報開示により新しい携帯電話の番号がバレる可能性もあるので注意が必要です。


    返済をやめてから、2ヶ月以上が経過

    このときも、電話は毎日掛かってきます。


    そしてこの状態になると、銀行カードローンの場合は保証会社が代位弁済を行い、債権者が保証会社に変わります。


    消費者金融の場合は、最初のままです。


    また、ここから「期限の利益の喪失」というものが発生します。



    期限の利益とは、返済日までにお金を返済すれば良いという権利で、ローン利用者は期限の利益があるお陰で一括返済を要求される心配がありません。


    期限の利益は、契約内容や民法の規定に違反したときに喪失し、業者はその後一括返済を要求することが可能になります。


    これによって、返済をやめてから2ヶ月ほど経ったころに請求内容が一括返済をしなさいよ!というものに変わりますが、これも無視を続けなければなりません。


    さらに催促状も月一ペースで届き、この頃から配達記録付きの内容証明も送られてくるようになります。


    返済をやめてから、1年以上が経過

    この状態でも毎日電話はかかってきますし、郵便に催促状が送られてきます。


    これも無視を続けないといけません。


    返済をやめてから、2年以上が経過

    2年以上が経過した場合、業者によっては債権譲渡により、請求先が債権回収専門業者に変わることがあります。


    大抵の場合、茶封筒ですが、赤い封筒で届く事もあります。


    内容としては、以下のようなものです。


    〇〇(業者名)にまだ返していない金額あるやろ?
    それうちが回収することになったから、返してもらうわ。
    この連絡無視したら、裁判起こすことも検討するで。
    まずは連絡してくれ。

    これも、無視するより他ありません。


    ペース的には2〜3ヶ月に1回程度ですが、定期的に送られてきます。


    途中で引越しをした場合は、1年以上届かない事もありますが、やがて届くようになります。


    返済をやめてから、5年以上が経過

    この状態が5年以上続くと、そこで初めて時効となります。


    5年ほど経つと電話の回数は減りますが、それでも電話は未だにかかってくる状態です。


    そして時効の援用が出来るかどうかを専門家に依頼して確認してもらい、時効の援用を行えば、晴れて踏み倒しが成立します。


    勝手に時効が中断になることってあるの?

    勝手に時効になるという事はないのですが、時効が近くなる時に、裁判所からの出廷を要求される手紙が届く場合があります。


    これは、業者側が時効の延長を申請する裁判のケースが多いです。


    この場合、出廷命令を無視しても時効の中断の判決が下るケースが多く、本人の自覚はなくとも10年の延長をされている場合があります。


    そうなると踏み倒しまでに計15年も必要になる上、契約が時効になった履歴を消してくれない業者の場合は、5年間その情報が信用情報に保持されるため、20年ほど新たな借入ができないことになります。

    踏み倒しした後はどうなるの?

    踏み倒し中の信用情報は、どこからも借入出来ないレベルにまでなります。


    ちょっとこちらの画像を見てください。


    途中から返済が滞り始めた信用情報開示報告書


    これは、CICの信用情報開示報告書です。


    通常に返済をしている場合だと、$マークが付くのですが、滞納をしてからはAマークやPマークが付いています。


    Aマークは滞納をしたが支払った場合、Pマークは返済額のうち一部が入金された場合に付きます。


    そして返済が無かった場合は、ここに「C」というマークが記載されます。


    このCマークは入金もないしその理由もわからない状態のときに付くため、このマークが一度でも記述されると、信用情報がきれいになるまではローンが組めなくなります。


    マイカーローンや住宅ローンはおろか、クレジットカードも作ることは出来ません。


    これを解消するには、時効の援用が必須となり、これをしない限りずっと「C」が記載され続けます。


    時効の援用を行うと、契約終了となります。


    ただし、信用情報を見ると「C」が続いて突如契約終了になるため、踏み倒しをしたことは明白です。


    5年間は信用情報が保有されるので、この間ももちろんローン契約は出来ません。


    信用情報の記載を消すように業者と交渉をするしかなく、消してくれる場合は2ヶ月程度で消えますが、かなり手間が掛かってしまいます。

    キャッシングの踏み倒しについてゼニエモンのまとめ



    ここまでを読むと、踏み倒しは不可能ではないがかなり難しい上、信用情報のダメージがかなり甚大なものであることが分かりました。


    得られるものと失うもののギャップが大きすぎるので、絶対におすすめできません。


    上記で説明しましたが、時効の延長をされている場合は、時効成立までに15年間もかかる上、信用情報を消さないまま契約終了されると5年間は踏み倒しの記載が残ったままなので、合計20年間は新たな借入が出来ません。


    もちろん、ローンを使って家を買うこともできませんし、車も買えません。


    ずっと現金払いしかできず、ゼニエモンの知人の場合だと、奥さん名義で車を買いローンを組んだりしている人も多いです。


    もし結婚を考えている方がいたとしたら、必ず相手に話しておかなければなりません。隠し通せるものではないですからね。


    踏み倒した額は少額なのに、正直割に合わないと感じる人も多いはずです。


    バンドルカードを利用した前借(後払い)でのネットショッピングや、クレジットカードのリボ払いなど、頑張れば支払える状態の人は多いと思います。な


    それなのに支払わず、踏み倒すというのは精神的にキツく、ストレスも抱えて身体を悪くしそうです。


    さらに街金やサラ金から借りてしまった場合は、中小企業と自分の問題になるので距離も近く、さらにストレスがかかります。


    はっきり言ってしまえば、借金に真っ向から向かい合い、債務整理や自己破産をした方がメリットもあり、何より後ろめたい気持ちから解放されます。


    ゼニエモンも滞納経験があるのですが、踏み倒しまでしらばっくれるというのは、かなり精神的にもしんどいものがあるはずです。


    また、現在はクレジットカードやローンという便利なものがあるのにも関わらず、これを絶対に利用出来ないのも、かなりデメリットがあると考えられます。


    どれだけ億劫で、考えるのも嫌な状態でも一度、キチンと自身の借入を向き合うコトを考えなければなりません。


    なので、踏み倒しは不可能ではないが、やるべきではないという結論で終わりたいと思います。



    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ