十八親和銀行カードローン

掲載日:

十八親和銀行のキャプチャ画像


このカードローンに向いている人

  • 九州・山口県に住んでいるか働いている
  • 低金利のカードローンを利用したい
  • アルバイトやパートをしているか年金受給者だから審査に通るか不安
  • 長期の返済をしたい

このカードローンに向かない人

  • 九州・山口県以外に住んでいる人
  • 十八親和銀行口座を現在利用していない人
  • とにかく急いでお金を借りたい人
  • 絶対誰にもバレずにカードローンを利用したい人
実質年率 限度額 審査時間 保証人 口座開設 職場連絡
3.0%〜14.5% 10〜1,000万円 最短翌日 無し 不要 有り
遅延利率 申込資格 保証会社 来店必要の有無
満20歳以上69歳未満 SMBCコンシューマーファイナンス(株) 不要


    2020年、十八銀行が十八親和銀行に!


    長崎県に本籍を置く十八銀行は、2020年に同じく長崎県が本籍の親和銀行と合併し、名称を十八親和銀行に変更しました。


    親和銀行のソリューション営業部が2019年7月に十八銀行本店に移転し、以前十八銀行の本店だった場所が十八親和銀行の本店になっています。


    このことで、十八銀行がどう変化したのか解説します。


    十八銀行から十八親和銀行へ!

    2020年に十八銀行と親和銀行が合併した十八親和銀行は、経営が統合されても取引はこれまで通り継続されています。


    システムは親和銀行のものを利用しており、基本的には親和銀行の商品・サービスがメインです。


    店舗は、同じ建物内で複数の店舗が共同で運営する店舗内店舗方式になります。


    それに伴って店舗数が増え、十八銀行98店舗・親和銀行87店舗だったところ、十八親和銀行114店舗になっています。


    ATMは十八銀行161台+親和銀行182台→十八親和銀行343台と単純にパワーアップしているので、ATMへのアクセスのしやすさは大きく上昇したと言えるでしょう。


    ただし、十八銀行の通帳は2021年以降、一部のATMで取引できなくなっている点に注意が必要です。


    また、金融機関コードが十八銀行のものから親和銀行のものへと一本化されました。


    給与受取・家賃支払いなどを十八銀行の口座から行っている人は、勤務先や取引先に新たな金融機関コードや店番を伝える必要があります。


    他にも銀行名や店名も変更されるので、セットで報告しましょう。

    十八親和銀行カードローンの基本情報


    2020年に合併した十八親和銀行のカードローンを解説します。


    十八親和銀行カードローンは借り入れ可能額が10万円から1,000万円までとなっています。


    利用限度額 利率
    10万円〜100万円 14.5%
    100万円超〜200万円 12.0%
    200万円超〜300万円 10.0%
    300万円超〜400万円 8.0%
    400万円超〜500万円 7.0%
    500万円超〜600万円 6.0%
    600万円超〜700万円 5.0%
    700万円超〜800万円 4.0%
    800万円超〜1,000万円 3.0%

    また、金利は3.0%から14.5%になっています。


    金利は借り入れ額が高いほど低くなっていく仕組みになので、適用金利はすぐに分かります。


    借り入れする前に、利息をあらかじめ計算できるのは安心でしょう。


    最高金利は14.5%と他の銀行カードローンと比較しても平均的ですが、借り入れ限度額が最大1,000万円と非常に高くなっています。


    属性


    借り入れ条件は満20歳以上満69歳未満の日本人か永住権のある外国籍の人で、安定して継続的な収入があり、九州・山口県に住居がある人となります。


    また、保障会社はSMBCコンシューマーファイナンス(株)です。


    十八親和銀行のカードローンは、パートやアルバイトの人、年金受給者もでも借り入れが可能という特徴があります。


    そして十八親和銀行カードローンは、消費者金融のカードローンにかかる総量規制の対象外です。


    そのため、条件によっては年収の3分の1以上の借り入れもできる可能性があります。


    このことから、十八親和銀行カードローンは借り入れ限度額と金利に優れた万人向けの優良銀行カードローンだと言えるでしょう。

    十八親和銀行カードローンの返済について


    十八親和銀行カードローンの利用期間は、1年ごとの自動更新が70歳の誕生日までです。


    70歳まで返済期間の上限は実質無く、じっくりと返していきたい、繰り返し借り入れして十八親和銀行カードローンの利用歴を作りたい人に適しています。


    なお、十八親和銀行カードローンの返済日は返済方法によって異なります。


    十八親和銀行の口座から引き落としする場合は1日〜26日の中から自由に選ぶことができ、直接入金する場合毎月14日に振込が必要です。


    十八親和銀行カードローンの毎月の返済額

    返済残高 返済金額
    2,000円未満 1,000円
    2,000円以上10万円以下 2,000円
    10万円超20万円以下 4,000円
    20万円超30万円以下 6,000円
    30万円超40万円以下 8,000円
    40万円超50万円以下 1万円
    50万円超100万円以下 2万円
    100万円超200万円以下 3万円
    200万円超300万円以下 4万円
    300万円超400万円以下 5万円
    400万円超500万円以下 6万円
    500万円超600万円以下 7万円
    600万円超700万円以下 8万円
    700万円超800万円以下 9万円
    800万円超900万円以下 10万円
    900万円超 11万円

    十八親和銀行カードローンの返済額は、前月返済日時点での借り入れ残高で決まります。


    毎月の返済額がかなり少なく設定されているので、返済に追われにくいのが大きな特徴です。


    ただし、毎月の返済額が少ないと返済期間が長くなるので、なるべく早く返済したい人は気をつけましょう。


    そして、返済は十八親和銀行・福岡銀行・熊本銀行・ゆうちょ銀行・セブン銀行・ローソン銀行・イーネットで可能です。


    借り入れは全国の銀行・コンビニどこでもできるので、自由度が高い点も魅力と言えます。


    手数料は借り入れ・返済どちらも無料となっている点も見逃せないポイントでしょう。


    返済方法は2パターン選べる

    十八親和銀行カードローンの返済方法は、以下の2つから選べます。

    • 口座引き落とし
    • 直接入金

    口座引き落としは、十八親和銀行の口座からしか対応していないので、口座を持っていない人は直接入金しか選べません。


    直接入金だと返済忘れのリスクもあるので、口座を持っていない人はカードローン申込時に口座作成も行っておきましょう。

    十八親和銀行を他の銀行カードローンと比較すると?


    十八親和銀行カードローンを他のカードローンと比較すると、どのような立ち位置になるのか確認してみましょう。

    金利 限度額 返済期間 申込条件
    十八親和銀行
    カードローン
    年3.0%〜14.5% 1,000万円 1年ごとの自動更新(満70歳まで) ・20歳以上69歳以下
    ・日本人か永住権のある外国籍の人
    ・パート、アルバイト、年金受給者も借り入れ可能
    ・安定して継続的な収入がある人
    ・十八親和銀行本支店の営業区域である九州か山口県に住居か勤務先がある
    ・SMBCコンシューマーファイナンス(株)の保証を受けられる
    新生銀行カードローン
    エル
    年4.5%〜18.0% 500万円 最長5年 ・平成25年10月24日以降に新規に契約した方
    ・20歳以上70歳未満の国内居住者か永住権を持つ外国籍の方
    ・安定した収入がある
    ・新生フィナンシャル銀行(株)の保証を受けられる
    ・新生銀行の他カードローンの利用をしていない
    みずほ銀行
    カードローン
    年2.0%〜14.0% 800万円 1年ごとの自動更新(満70歳まで) ・20歳以上66歳未満の継続的な収入のある人
    イオン銀行
    カードローン
    年3.8%〜13.8% 800万円 1年ごとの自動更新 ・日本国籍か永住権のある外国籍
    ・20歳以上65歳未満
    ・安定して継続的な収入がある
    ・イオンクレジットサービス(株)かオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる
    ・パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の人でも申込できる
    ・学生の方は借り入れ不可
    楽天銀行カードローン 年1.8%〜14.6% 800万円 1年ごとの自動更新 ・20歳以上62歳以下の方
    ・パート・アルバイト・専業主婦の人は60歳以下
    ・日本国籍か永住権・特別永住権を持っている外国籍の方
    ・勤めていて毎月安定した継続的な定期収入のある方か専業主婦
    ・楽天カード株式会社かはSMBCファイナンスサービス鰍フ保証を受けられる

    他の銀行カードローンと比べても、十八親和銀行カードローンは金利が低く、借り入れ限度額が申し分ないのに加えて、借り入れ条件もハードルが低く設定されていることがわかります。


    パートやアルバイト、年金受給者でも借り入れ申込ができるというのも大きなメリットと言えるでしょう。

    借り入れ申込の手順


    十八親和銀行カードローンは申込の手段がいくつかあるので、それぞれ分かりやすく紹介します。


    周囲に知られるリスクの少ないインターネット完結での申込は返済方法が口座振替のみですが、誰にもローンの利用がバレたくない人は要チェックです。


    インターネット完結での申込手順

    • 借り入れの申込・手続きを行う
    • 本人確認書類をPC・スマホから提出
    • 申込内容確認のための電話確認を受ける
    • 在籍確認の電話が勤務先にかかってくる
    • 審査結果をメールで受け取り、確認用URLにログインする
    • 契約手続きを行う
    • 借り入れ限度額が50万円超なら収入証明書をPC・スマホから提出
    • 契約同意の完了・契約手続きの完了をメールで受け取る
    • ローンカードを自宅へ郵送してもらう
    • ローンカードの受け取り・借り入れ

    店頭での申込手順

    • 借り入れ申込をする
    • 審査
    • 審査結果を電話などで教えてもらい、来店日時を確認
    • 借り入れ限度額が50万円超の場合は収入証明書提出
    • 手続き完了
    • ローンカードや契約内容の案内などを自宅へ郵送してもらう
    • 受け取り後、借り入れ

    FAX・郵送での申込手順

    • 借り入れ申込をする
    • 審査
    • 審査結果を電話などで教えてもらい、契約方ほいうをFAXか郵送か確認
    • 借り入れ限度額が50万円超の場合は収入証明書提出
    • 手続き完了
    • ローンカードや契約内容の案内などを自宅へ郵送してもらう
    • 受け取り後、借り入れ

    本人確認書類


    借り入れ希望額が50万円超の場合に必要な収入証明書

    十八親和銀行には、他にも「FFGカードローン」がある


    十八親和銀行のカードローンについては解説しましたが、FFGカードローンについても把握しておきましょう。


    FFGカードローンは、ここまで紹介してきた十八親和銀行カードローンとほぼ同じです。


    ただ、融資額や金利に若干の違いがあるので、どちらが自分に適しているのかしっかり見極めましょう。


    FFGカードローンはこんなローン

    基本的なスペックは、十八親和銀行カードローンと変わりません。


    借り入れ条件は同じで、アルバイト・パートの人や、年金受給者でも借り入れできるようになっています。


    また、来店・口座開設不要で利用できる点も十八親和銀行カードローンと同様です。


    それでは、十八親和銀行カードローンとFFGカードローンの違いはどこにあるのでしょうか。


    FFGカードローンはここが違う!

    FFGカードローンが十八親和銀行カードローンと大きく異なるのは、融資額が最大100万円までであることと、金利が年14.5%の固定となっていることです。


    まず、融資額に注目しましょう。


    FFGカードローンは10万円〜100万円までと、比較的少額の融資専門のローンとなっています。


    100万円以内の少額融資を希望している人は、こちらを選ぶ選択肢もあるということです。


    また、FFGカードローンは金利が年14.5%で固定されています。


    これは十八親和銀行カードローンと比較すると、借入額に応じた金利の引き下げがないので大きなデメリットとなります。


    ただ、金利の話を難しいと感じる人は、金利が単一であるシステムは分かりやすいかもしれません。


    おまとめ・借り換えに対応したフリーローン「ナイスカバー」もある!

    そして、十八親和銀行にはおまとめ・借り換えに対応したフリーローン「ナイスカバー」もあります。


    複数のカードローンから借り入れをすると、返済スケジュールや返済額の管理が面倒になります。


    また、返済額が高いカードローンや、高金利なカードローンを契約してしまった場合も、返済に困るケースがあるでしょう。


    そんなときは、低金利な十八親和銀行フリーローンにおまとめ・借り換えをすれば、返済が楽になります。


    カードローンに関して困っていることがある人は、ぜひチェックしてください。


    借り換え・おまとめ可の他カードローンと比較

    おまとめ 金利 限度額 総量規制 申込条件
    十八親和銀行
    フリーローン
    可能 5.9%〜12.9%
    ※Web申込の場合
    500万円 対象外 ・20歳以上69歳以下
    ・収入がある(パート・アルバイト・年金受給者も可)
    ・保証会社の保証が受けられる
    イオンアシストプラン 可能 3.8%〜13.5% 700万円 対象外 ・日本国籍か永住権のある外国籍
    ・20歳以上60歳未満
    ・年金受給者、学生、無職、専業主婦(夫)の方は利用不可
    ・イオン銀行口座に普通預金口座を開設している
    ・前年度年収が200万円以上で安定かつ継続的な収入
    ・保証会社オリックス・クレジット(株)の保証を受けられる
    楽天カードローン 可能 1.8%〜14.6% 800万円 対象外 ・20歳以上62歳以下
    ・パート、アルバイト、専業主婦は60歳以下
    ・日本国籍か永住権や特別永住権を持っている外国籍
    ・勤めていて毎月安定して継続的な定期収入があるか、専業主婦
    ・楽天カード株式会社か株式会社セディナの保証を受けられる
    プロミス 可能 6.3%〜17.8% 300万円 対象外 ・20歳以上65歳以下で本人に安定した収入のある方
    ・主婦、学生、パート、アルバイトの方で安定した収入がある
    アコム 可能 7.7%〜18.0% 300万円 可能 ・20歳以上の安定した収入と返済能力がある
    東京スター銀行 可能 12.5% 1,000万円 対象外 ・20歳以上65歳未満の方
    ・正社員、契約社員、派遣社員の方
    ・年収200万円以上
    ・株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンスの保証が受けられる

    十八親和銀行フリーローンはアコムやプロミスのおまとめ・借り換え対応ローンと比較すると、金利が低くなっていることがわかります。


    また、十八親和フリーローンは借り入れのハードルが低い点も特徴として挙げられます。


    銀行カードローンの中には、収入や年齢制限が厳しく、パート・アルバイト・年金受給者は借り入れ不可能なものが多くあります。


    他のおまとめ・借り換え対応のカードローンと比べて、十八親和銀行フリーローンは非常にバランスの取れたローンと言えるでしょう。


    十八親和銀行カードローンとフリーローンを比較

    十八親和銀行カードローンとフリーローンの最も大きな違いは、金利でしょう。


    カードローンの方は金利が年3.0%〜14.5%ですが、フリーローンの方はWeb申込なら5.9%・9.9%・12.9%のいずれかが適用されます。


    一方、フリーローンは500万円までしか借り入れできず、借り入れ額に応じて金利が決まるわけでもないので、最初から適用金利が分かるカードローンの方が合っている人もいるでしょう。


    あらかじめ自分が何を求めているかハッキリさせて、カードローンとフリーローンのどちらを利用するか考えましょう。

    十八親和銀行カードローンの審査に通るには


    十八親和銀行カードローンは借り入れのハードルが低く、条件を満たしやすいカードローンです。


    とは言え、あくまでも銀行なので消費者金融のカードローンよりも、審査が厳しいことが予想されます。


    審査に通るか不安な場合は、「お借入診断」を利用しましょう。


    年齢・年収・他社からの借り入れ状況を記入することで、借り入れ可能かどうかすぐに診断してもらえます。


    それでも不安な場合は、以下の審査に通るためのポイントを確認しましょう。


    九州・山口県に住んでいる

    十八親和銀行は、長崎県を本籍に置く地方銀行です。


    借り入れ条件に九州・山口県に住んでいるか勤務しているというものがありますが、地方銀行なので住居がある方がプラスに働くと思われます。


    さらに、長崎県に住んでいて長崎県で働いている人は、なおのこと十八親和銀行カードローンの審査に通りやすくなるでしょう。


    正社員または公務員

    アルバイト・パートの人や年金受給者でも借り入れ可能なのが、十八親和銀行カードローンです。


    一方で、カードローンは融資したお金を回収する必要があります。


    カードローンの審査を通過するには、借り入れした金額を返済しやすい安定した職業が望ましいでしょう。


    さらに、医者や弁護士のような給与が高い職業、社会的地位が高い職業も審査に通りやすいと言えます。


    借り入れ希望額を必要最低限に

    十八親和銀行カードローンは銀行カードローンなので、総量規制の対象にはなりません。


    それでも、高額の借り入れになるほど審査は厳しくなります。


    借り入れ限度額が50万円超になると、収入証明書が必要になることからも、高額の借り入れはできるだけ避けるべきでしょう。

    十八親和銀行カードローンは、優れたカードローン!


    十八親和銀行カードローンの借り入れ条件は、九州・山口県に住んでいるか勤務していて、20歳〜69歳以下というものがメインです。


    パートやアルバイト、年金受給者の人でも借り入れが可能なので、申込のハードルが低い点も魅力と言えます


    さらに、借り入れ限度額が1,000万円で金利が3.0%〜14.5%と、収入指定のないカードローンの中では優れた利用条件です。


    このことから、十八親和銀行カードローンは借り入れ条件を満たしやすく、長崎県などに在住していて低金利カードローンを利用したい人におすすめと言えるでしょう。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ