カードローンの審査に落ちないためチェックしておきたいポイント

カードローンの審査落ちを回避する方法とは?審査に通りにくい人ってどんな人?


更新日:

このページでは、カードローンの審査に落ちにくくする方法を紹介します。

カードローンの審査は、どの業者でもいいからとにかく当たって砕けろ!というスタンスでは、本来は審査に通るはずの人も、審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

このページでは、それを避ける方法と、審査に落ちてしまうデメリットについて解説したいと思います!


    カードローンの審査は、受けすぎNG!

    半年以内に3社以上カードローンに申し込むと、申し込みブラックになる

    仮に、とにかく急いでいるからいろんな業者へ同時に申し込みまくるとします。


    実は貸金業者は、指定信用情報機関を通じて、私たちがどこで審査を受けているのか、ほぼリアルタイムで把握することが出来ます。


    つまり、審査を受けまくっている人のことは、すぐに把握することが可能なのです。


    こういった、とにかく審査をしまくる人は「申込ブラック」と呼ばれます。


    申込ブラックと判断された人は、切羽詰まっているのかも…という印象持たれる可能性が高く、審査に落とされる可能性が高くなってしまうのです。


    この理由から、審査は短期間で頻繁に受けない方が良いと言えます。


    また、基本的に申し込みする業者数は3社までに抑えるのがベストです。


    これは、業者の審査基準に申込数3社以上の人は最初から審査に通さないと判断される事が多いからです。


    そして、審査した履歴は6ヶ月間残り、その間は指定信用情報機関から絶対に消えません。


    6ヶ月の間に3社を受けた場合、新たに審査を受けるのはできるだけ控えましょう。


    ちなみに、審査に落ちてしまった業者に再度申し込むこともできますが、一度落ちた履歴はその会社の内部情報として残るので、高確率で審査に落ちてしまいます。


    審査の易しさにもランキングがある

    実は、審査の易しさにも段階があります。


    これを知っていれば、自分の信用情報の状態に応じて申し込む業者を選ぶことができるので、あらかじめ確認しておきましょう!


    キャッシングの審査の厳しいランキング

    1位:地銀(地方銀行)
    2位:大手ネット銀行
    3位:その他の銀行
    4位:メガバンク
    5位:クレジット会社
    6位:大手の消費者金融
    7位:小規模な消費者金融


    以上の通りです。


    上記のランキングでは細かく分類してありますが、業者を大きなカテゴリーでくくると、銀行系、消費者金融系の2つに分かれます。


    銀行系は金利が低くなっていますが、その分しっかり返済をしてくれる人に融資をしないと、銀行側は貸したお金を回収できなくなってしまうので審査が厳しくなっています。


    対して、消費者金融系は銀行系と比べて若干金利が高い分、審査には融通を利かせてくれることが多いのが特徴です。


    金利が気になるなら、メガバンクのカードローンがおすすめ!

    同じカードローンを利用するなら、金利が低いほうが嬉しいですよね。


    そのため、まずは金利の低いメガバンクのカードローンを検討してみるところからスタートするのがおすすめです。


    大手メガバンクをおすすめする理由は、個人向けの事業に力を入れているからです。


    テレビでも大手メガバンクのカードローンのCMを目にすることがありますよね?


    テレビCMは多くの費用がかかるのですが、それでもCMを放送するのは個人の消費者にカードローンを利用してほしいと思っているからと推測できます。


    そして、大手メガバンクの中でもゼニエモンのおすすめは、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックです!


    ゼニエモンが三菱UFJ銀行カードローンをオススメする理由


    三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは、金利は年1.8%〜14.6%と低金利で、利息の支払いを大きく抑えることができます。


    また、三菱UFJ銀行の口座を持っていない人も利用できるので、口座開設の手間も必要ありません。


    申し込みから融資まで、最短2〜3日と即日融資には対応していませんが、融資を受けるまで時間の余裕がある人であれば、利用しやすいカードローンと言えるでしょう。


    さらに、返済金額が低めの設定をされているので、比較的に返済の計画を組みやすいというメリットもあります!


    審査に不安という人でも、20秒程度で結果がわかるお試し審査があるので、一度チェックしてみてください。

    バンクイックから金利年14.6%で借入した場合の返済額と返済回数例

    借入金額 返済回数 月返済額
    10万円 78回 2,000円
    20万円 78回 4,000円
    30万円 78回 6,000円
    50万円 78回 10000円

    審査が不安な人は、大手消費者金融がおすすめ!

    金利が低い方が良いけど銀行系の審査に通過するか不安…という人は、消費者金融系にシフトしましょう。


    消費者金融系にも大手の会社はいくつかあり、それぞれ申込のしやすさや利便性などを競っているため、サービス面ではかなり充実しています。


    金利に関しては確かに銀行系と比べて若干高いですが、借りる金額が100万円以上にならないと金利手数料の差はあまりないというのが実際のところです。


    また、消費者金融系でも大手であれば仮に支払いが少し遅れてしまっても、支払う意思をしっかり示せば厳しい取りたてをされることはありません。


    これが街金だと、態度が豹変することもあるので注意が必要です。


    あと消費者金融系のメリットとしては、審査時間が圧倒的に短いということです。


    銀行系では即日融資が出来ない仕組みになっているですが、消費者金融系なら即日融資対応のところがほとんどです。


    ゼニエモンのおすすめは、アコムです!


    アコムは、三菱UFJ銀行カードローンの保証会社でもある業者で、大手の消費者金融の中でもトップクラスの知名度を誇ります。


    アコムは、平均5割り程度の審査通過率となっており、審査への期待値も高く持つことが可能です。

    どの業者なら審査が通るんだろう…と不安な人は、アコムを自信を持っておすすめします!


    審査に通るのが難しいのって、どんな人?

    借入したい金額が50万円を超える場合、収入証明書の提出が必要です。


    収入証明書とは、申し込み書に書いた程度の収入が本当にあるということを証明するための紙で、以下のようなものが収入証明書として扱われています。

    収入証明書の例

    収入証明書が提出できないと、申し込み内容に虚偽があったのかもと思われ、審査に落ちてしまう可能性もあるので必ず提出するようにしましょう。


    ブラックな会社に勤めている人

    日雇い労働者やホスト、ホステス、風俗などの中でも従業員の収入をごまかしている会社に勤めている人は、借り入れがかなり難しくなります。


    その理由は、会社が収入証明書を出せないことが多いからです。


    大手はきちんと運営されているところもありますが、小さい会社になると給与をごまかしている会社は多くなるので、注意しましょう。


    キャッシグで返済を長期的に滞らせた経験がある人

    勤続年数が長く安定した収入があっても、キャッシングの返済を長期的に滞らせたことがある人は要注意です。


    この長期的というのは、大体60日以上のことを指します。


    こういった人は、大手消費者金融の審査も通らない可能性が非常に高いと考えた方がいいです。


    他にも、現在他社からローンを踏み倒している人や返済を一切無視している人も、借り入れは一切できません。


    数年以内に自己破産などの債務整理を行ったことがある人

    数年以内に任意整理や個人再生、自己破産を行った人は、その情報が指定信用情報機関に金融事故として記載されます。


    金融事故が信用情報に記載されていると、非常に高い確率で審査に落ちてしまうので、注意しましょう。


    ですが、一生借り入れができないというわけではありません。


    指定信用情報機関のJICCやCIC、全銀協のホームページで確認できますが、この債務整理をした情報は5年間で抹消されます。


    5年間キャッシングやローンから遠のいていれば、5年後にはまっさらになるので、それから借入を考えるのがおすすめです。


    一方で消費者金融でも中小業者になると、債務整理をした人でも借り入れウェルカムなところもあります。


    例えばクレジットのニチデンや、ニッセイキャッシングなどが挙げられます。

    ※上記の業者はれっきとした金融庁に登録された貸金業者であり、闇金ではありません。


    現在の状況によっては、お金を貸してもらえる可能性もあるので、まずは相談に行ってみるのも良いでしょう。


    まとめ

     

    改めて、審査に落ちないためにチェックしておきたいポイントについてまとめました。

    審査落ちしない為の注意事項

    • 消費者金融のカードローン審査が一番易しい傾向にある
    • 銀行も消費者金融も、大手になるほど審査に通るのは難しくなる
    • 6ヶ月以内に3社以上申し込むと、申込ブラックとなり大手はほぼ審査が通らなくなる
    • 申込ブラックの記載は、6ヶ月で信用情報から消える(指定信用情報機関HPにも記載)
    • 2ヶ月以上返済を滞らせた人は消費者金融、銀行共に大手では審査がかなり厳しくなる(0%ではない)
    • 過去に債務整理をして5年未満の人は、ほぼ全ての銀行、消費者金融では審査が通らない※
    • 自分の信用情報は、指定信用情報機関のHPにて開示することが可能

    ※債務整理をした場合の指定信用情報機関に残る期間が最高5年であり、3年で消えていた…ということもありえる話なので、定期的に指定信用情報機関で信用情報開示をしてみることも重要です。


    上記のポイントを事前にチェックし、過去に金融事故を起こしていない人であれば、審査に通過する確率は上がるでしょう。


    過去5年以内に金融事故を起こした人は、まずは大手消費者金融1社に申し込んでみるのがオススメです。


    ゼニエモンTOP 低金利おまとめローン 即日融資のローン おすすめ銀行ローン 審査が不安な方 お問い合わせ